介護施設経営にかかる経営者の時間配分

インキュベクスの上村です。

今日は介護施設経営を行っている私の時間配分を
ご紹介します。

僕はいま、小さな介護施設を経営する会社のオーナーという立場であり大家さんでもあります。

◆介護施設が出来上がったのは2018年。
僕が目指した介護施設は9.5万円で食事付き。
しかも1部屋あたりの売り上げを月間50万円以上計画。

だから・・この年は正直苦労しました(笑)
しかも時間も使った。

スタッフに理解をされない苦労でした。
・・・今となればいい想い出ですが。

◆2022年8月現在の経営状況
2018年当時の苦労はどこやら?
19床の介護施設は常時万床。
当初考えていた1部屋あたりの売り上げは53万円(計画通り)

つまり月商は1000万円(営業利益は28%)にまで成長。

ちなみにスタッフへの給与は550万円~450万円です。
退職率はほぼ皆無ですので採用面の煩雑はありません。

◆介護施設のコンサルティング先は60社を超えました。
私が運営する介護施設同様の運営をやりたいという問い合わせを
いただくことが増えました。

出来る範囲でコンサルティングをさせていただいておりますが、
「介護の王国」と名付けた介護施設の運営ノウハウは現在、60社の
お客様に提供をするまでになりました。

主なノウハウは稼働率をあげるところ。そして、そもそもどのような
お客様に入居いただくか?といったターゲティングあたりです。

◆介護施設経営にかけている時間
現在、僕が介護施設経営にかける時間配分は週に1度1時間。
経営をお任せしている法人責任者から経営報告を受けています。

つまり僕の経営者としての時間配分は週に1度の1時間、
月に4時間を使っているのが現状です。

コンサルティング先のお客様においても現場に立つ経営者はほぼ
いらっしゃいません。

ほとんどの企業がマネージメント経験者を採用した上で現場管理を
されています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です