入居者への低家賃・質の高いサービスを提供するビジネスモデルとしての介護施設経営をきめ細かく設計

入居者への低家賃・質の高いサービスを提供しながら継続的な安定収益を実現するためにハード、ソフトの両面からきめ細かく事業全体を最適化しています。

建築にかかるコストの大幅カットを実現

建築にかかるコストの大幅カットを実現

ハード面では、施設の建築仕様を、LIXIL住宅研究所のご協力の元、無駄な設備投資やスペースを省き、これまでにないコンパクトな建築設計を規格化、大幅な建築コスト削減を実現しました。

高い収益性を実現する事業運営ノウハウ

高い収益性を実現する事業運営ノウハウ

ソフト面では、運営事業者は安定的な施設経営を、スタッフは長く働く価値を感じられる職場作りを実現するために、効率的な運営ノウハウとオペレーション方法がきめ細かく設計されています。

「住宅型有料老人ホーム」をベースにしたサービス設計

「老人ホーム」にはいくつかの種類がありますが、弊社がベースに選んだのは「住宅型有料老人ホーム」です。

「住宅型有料老人ホーム」は自立している方から要支援・要介護の方まで幅広い方の入居が可能で年齢や要介護度による制限がありません。

また「住宅型有料老人ホーム」は、建物規制やスタッフの配置も緩やかで、入居者の状況に合わせて柔軟な対応が可能です(「介護付き有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」には入居対象者やスタッフの配置等に規制があります)。

これにより、土地面積100坪から建築可能な、19床のコンパクトな住宅型有料老人ホームを設定しました。

なお、住宅型有料老人ホームは立地による制限や総重量規制の可能性も少なく、条件が合えば変形地などにも建築可能です

この住宅型老人ホームをベースに医療依存度の高い方をしっかりとお預かりでき、かつ年金の範囲、月額9万5千円(食費込み)の低価格で提供するためにハード、ソフトの両面からきめ細かくサービス設計されたのが「介護の王国」のビジネスモデルです。