介護施設経営を始める前になにをすればいいのか?

インキュベクスの上村です。

介護施設経営をはじめる前に準備しておきたいこと。

僕は横浜市鶴見区できわめて小さな介護施設を運営していますが
そこまでにかけた費用、準備等を簡単ではありますがご紹介いたします。

◆私が事業開始までに用意した金額等
事業資金は7000万円ほど
事業開始から4年たった今は年商1.2億円(営業利益28%)という通信簿。

ちなみに建物は自己所有ですが、借金はありません。

◆資格
介護施設経営を検討されている方が施設管理者を務める場合、
初任者研修(昔でいうところのヘルパー2級~3級)を受講されるのが
望ましいと思います。特に上位資格を保有する必要はありません。
※初任者研修は通信制・通学制で計15日間の受講で修了証明証
が発行されます。

◆事業計画
介護施設運営であれ、その他事業であれ、仕事をはじめる場合には
事業計画を買いてみることが重要です。

事業計画を書くことによって経営者にとってきわめて重要である
資金調達額や黒字転換の時期、キャッシュフロー等をあらかじめ予測
することが出来るのです。

※事業計画をかかる事業資金が明らかになります。そしてその結果、
自己資金を考慮した上で金融機関への相談等をすすめます。

◆経験
介護施設経営をしている私自身の実務経験はありません。
つまりどのような立場で事業に関与するかが重要です。
私自身は介護施設の大家さん。そして介護施設を運営する会社の
オーナーです。

具体的には、介護施設を運営する法人の経営者に経営をお任せしていますし、
その他、介護施設部門のリーダーならびに、訪問看護ステーション事業の
部門責任者も別途採用しその管理を経営者にお任せしているのです。

◆備考

介護施設運営が未経験の場合は銀行からの借入は困難を極める場合があります。

まずは、関連事業ある訪問看護ステーション経営等を通じて実績をつくる所から
スタートするのがおすすめです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です