【失敗しない介護施設経営には訪問看護ステーション併設がマストである件】

インキュベクスの上村です。

私は現在横浜市内でわずか19床の介護施設を経営しています。

ちなみに私の施設を参考にした介護施設づくりはおおよそ60拠点にまで増加しています。

私達の特徴は4つ。

①人が辞めない
②医療保険・介護保険利用
③高い収益性
④訪問看護ステーションが併設

ちなみに「介護の王国」の視察をご希望の方はお尋ねください。

横浜市内は3箇所が視察対象。
(港北、鶴見、旭区)

都内は2箇所が視察対象。
(江戸川区、立川市)

なお、とくにご覧をいただきたいのは、物件を借りて運用している
介護事業者の特徴や強みです。

皆さま、医療サービスが提供できる病院のような介護事業者です。

彼らの実態をご覧をいただきながら、向こう10年20年生き残ることができるサービスをご理解いただけると思います。

YouTubeチャンネルにて、その他の動画も配信中!

「新規事業をお探しの方!」「低リスク事業をお探しの方!」に直営事業を行っている
からわかる、介護施設経営のことや、訪問看護ステーション経営のあれこれをご紹介。
以下バナーからチャンネル登録、動画をぜひ見てみてください。

インキュベクスYouTubeチャンネル

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です