サ高住や介護施設に医療サービスを加えたい

インキュベクスの上村です。

介護施設の入居者が埋まらない。収益性の採算が取れない。
何とか、現在の介護施設の収益性を改善したい、せめて介護士の採用を強化したい。
ヘルパーが退職しない介護施設を作りたい。

そのようなお声をたくさん耳にします。
よろしければ私の母の介護施設を視察にいらっしゃいませんか。所在地は横浜市鶴見区です。

ちなみに
私どもが現在経営する介護施設はわずか19床の介護施設でありながら、月商はおおよそ1000万円。
営業利益は25%程度が確保できています。

しかも介護施設で働く方々のお給料は年収ベースで450万円〜550万円相当を支給しています。

退職率は0%。2020年1月から2022年9月現在、ヘルパーが辞めない介護施設経営ができているのです。

収益性をサポートするのは訪問看護ステーションの併設です。

ご来社をいただき視察をいただきたいのは訪問看護ステーションと介護施設の関係性づくりも1つです。

看護師の採用教育、施設との教育環境構築についてもぜひご覧をいただきたいのです

YouTubeチャンネルにて、その他の動画も配信中!

「新規事業をお探しの方!」「低リスク事業をお探しの方!」に直営事業を行っている
からわかる、介護施設経営のことや、訪問看護ステーション経営のあれこれをご紹介。
以下バナーからチャンネル登録、動画をぜひ見てみてください。

インキュベクスYouTubeチャンネル

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です