「アパート投資に融資がつかない!?」そんな時代の介護施設投資

こんにちは!「介護の王国」プロジェクトメンバーの舩見です。

最近、土地オーナー様や地主様の皆さまから

「小さな介護施設をつくりたい!」というような要望が増えてきています。

しかし小さい介護施設といえども不動産、それなりの大きなお金が動きます。

また昨今のシェアハウスの不正融資問題もあり、「アパート投資」への銀行融資が手控えられているという状況があるようです。

そんな状況がある中でも私達のお客様たちがいよいよ動き始めました。

お客様のお仲間同士でLLP(有限責任事業組合)を設立し、数百万円~数千万を負担することで、建築費用8500万円ほどを用意してしまう取り組みです。

不動産投資を個人で行っていたときほどの自由度はありませんが、なんといっても1つの物件投資に対するリスクは極めて限定的になります。

詳細は、これから詰めていきますとのことですが、この仕組みが確立できれば、より多くの方に「介護の王国」にご参加していただくことが可能となのではないでしょうか。

※年金の範囲で安心して住むことができる高齢者の住まいは、まだまだ足りません!

進捗は、またこのブログでご報告させていただきますが、介護施設づくりをご検討の方がいらっしゃれば、過去の実績や、関連情報などをお届けいたします。

どうぞ、お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です