木が無い!

お世話になっております。インキュベクスの丸山です。

世の中コロナで大騒ぎですが、なんと材木の品薄が深刻だというニュースも3月くらいより報道され始めております。

なんでもコロナによりアメリカでの郊外での住宅需要が急増したことや早期にコロナを抑え込んだ中国でも木材需要していることなどが原因とのこと・・・。

オイルショックならぬ、ウッドショックという言葉も紙面を賑わすようになってきています。

この調子で材木がなくなると代替材に紙・プラスティックが使われるでしょう。

東北大震災の時、津波が東北沿岸を襲い主に港付近に数多くの工場を持つ材木屋さんが一瞬のうちに無くなりました。在庫の合板・木材も当然流されました。

その後諸外国から安定して合板が入るまで屋根の下地材が無い状態が続きました。

強度はあるのでしょうが、ペーパーチップを接着剤で固め板状にした所謂「紙製の板」で施工された新築現場が数多くあったのを思い出しました。

多分水分には弱いだろう紙製の屋根は今どうしているのでしょうか?

ちゃんと家を支え続けているのでしょうか?

今後足りない材木の代わりに登場するものはどんなものが出てくるのでしょうか?

危険のない商品が出ることを祈ります。

お気軽にお問合せください。

「介護の王国」にご興味がございましたらお気軽にお問合せください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です