無料小冊子(PDF形式)プレゼント!
医療収支を改善し黒字転換させる コンパクトな「医療型施設」経営

病医院を取り巻く環境が厳しさを増しています

団塊世代が後期高齢者入りし、社会保障費が急増する2025年がいよいよ目前に迫ってきました。わずか5年後には、75歳以上の後期高齢者が約2,200万人に到達、日本は全人口の「4人に1人が後期高齢者」という超高齢化社会となります。

政府は、社会保障費を削減するために「病院完結型」の医療から「地域完結型」の医療への転換を推進しています。

今後、全国の医療機関には、「診療報酬改定」や「地域医療構想」を踏まえた経営戦略が求められます。

地域の医療ニーズを前提に機能分化や地域や他業種との連携を進め、計画的に集患しなければ、医療提供体制を維持すること自体が厳しい時代になりつつあります。

本書では、病院・クリニックが自身の強みを活かしながら途切れることなく医療・介護ニーズがある高齢者を支えられる方法について解説します。

期間限定で小冊子(PDF形式)を無料でダウンロードできます。(全32ページ)

小冊子の内容

  • “医療目線”での高齢者住宅の運営が求められる背景とは
  • 高齢者住宅は、何を選択すべきか
  • 医療機関が高齢者住宅事業を成功させるポイントとは!?
  • 在宅型の医療病床に特化した老人ホーム「介護の王国」

会社概要

Copyright © 事業性と社会性を両立した小規模老人ホーム「介護の王国」 All Rights Reserved.