こんにちは。「介護の王国」プロジェクトメンバーの舩見です。

住宅型有料老人ホーム「介護の王国」は、年金の範囲、月額9万5千円(食費込み)の低価格で住まいを提供しています。

もちろん、この月額9万5千円に含まれる毎日のお食事もとてもこだわっています。

身体の機能を維持し介護度の進行を予防するためにも毎日の食事を楽しく、そして美味しく食べていただけることが本当に大切です。

今回、「実際に「介護の王国」で入居者様にお出ししている食事を作ってくださっている「かながわセントラルキッチン」の宮尾様、星川様にお話しを伺いました。

どのように食の安全と美味しさの両立を成しえているのか、現場の職員にできるだけ手間がかからない工夫をどのように開発されたのか。

「食」への熱意溢れるお話を是非ご覧ください。

インタビューの内容

1.「地域を“食”で支えていく」理念の元「かながわセントラルキッチン」は誕生した!

2.現場の意見を生かして、利用者一人ひとりに合わせた「食」の提供を目指す

3.給食でも、レストランのような美味しさと楽しさを実現したい!    

4.現場で盛り付ける職員の手間を可能な限り減らす献立開発の工夫とは

5.終わりなき研鑽の道も、「美味しい」と言ってもらえることがモチベーションになる

6.皆さんの「食べる幸せ」をずっと創造してきましたし、これからもそうしていきます 

無料でダウンロードいただけます。

ダウンロードお申込みはこちら