「介護の王国」グレイト茂原の地鎮祭が執り行われました。

こんにちは。「介護の王国」プロジェクトメンバーの舩見です。

先日、千葉県茂原市大芝に建築予定の「介護の王国」グレイト茂原の地鎮祭が執り行われ、私も参加させていただきました。

ここに73床の住宅型老人ホームが建築されます。

地鎮祭には、オーナー様である有限会社 茂原中央商事グレイト訪問看護リハビリステーションの滝瀬社長をはじめ、滝瀬様のご家族、建築を担当するLIXILグループのGLホームの現場監督様や設計士様と関係者が一堂に会しました。

地鎮祭には、その土地の神様(氏神)を鎮め、土地を使わせてもらう許可を得ること、そして工事の安全と家の繁栄を願う意味があります。

今回の地鎮祭のお酒・奉献酒(ほうけんしゅ)は、大柴です。

このお酒は、大柴。その名の通り、地元のお酒です。

奉献酒に地元で造られている地酒を選ぶと縁起がよいそうです。

関係者一同で工事の安全を祈願いたしました。

来年の5月ごろに完成予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です