事業所理念

皆様が毎日いきいきと過ごせる事を、何よりも大切に考えています。

利用者様の自立を支え、笑顔と安らぎを添えていきたい。
それが、私たちの介護に対する想いです。

ひとりでも多くの方に、満ち足りた毎日を過ごしていただきたい。介護が必要になっても、いつまでもその方らしくいていただきたい。

その想いを胸に私たちは、つねに真心のこもった対応を心がけます。

ご入居者さまおひとりおひとりが、明るく穏やかな毎日をおくれるようスタッフ全員でサポートさせていただきます。

基本理念

重度の医療処置や適切な介護サービスが受けられる施設

「きらめきの家」は「重度の医療処置や適切な介護サービスが受けられる施設」を理念として掲げます。

これまで私たちはリハビリ型の通所施設をはじめ、訪問看護事業所の運営をしてまいりました。

その中で感じている課題として「ご高齢で日常生活が困難な方の独居」と「入院にして退院する際の医療や介護の不安」などが挙げられました。

重度の医療処置や適切な介護サービスを、生活費の範囲で納得して受けられる施設がないことに気づき、私たちの施設を創設する運びとなりました。

訪問看護では、施設看護師をはじめ弊社直営の訪問看護師が連携して医療課題に対応します。十分な経験を有する看護師・療法士を配置しておりますので、療養生活を楽しく長く充実して暮らしていただけるよう全力で支援いたします。

施設スタッフ・訪問介護では、安心安全な介護サービスを提供する努力を惜しみません。

他事業所との連携では、入居前から積極的に推進していきます。
 
入居者の皆様にご満足いただけるサービスを目指し、これからも施設スタッフ一同、日々研鑽を重ねてまいりたいと考えております。

そして、地域医療・看護・介護の専門職種という立場から貢献できるサービスを今後も模索し続け、ご入居者様やそのご家族が描くそれぞれの方に必要な理想の生活を手に入れていただけますよう努力と貢献をして参ります。