【加盟企業募集中!】~「まるごとケアの町」づくり~住宅型有料老人ホーム・“自立支援介護”「介護の王国」

MENU

自立支援介護の基本コンセプト

自立支援介護の基本コンセプト

自立支援介護を実践するために

高齢者ケアには、その体調と体力を改善・回復し、自立を促すための基本的なケアが存在しています。それを確実に実践することで、日常の動作やそれに起因する生活の質の問題の多くは解決に向かいます。

「介護の王国」では、これらの基本的なケアを徹底し、その上で固有のケアを提供することで、ご利用者様の自立を目指します。

自立支援の基本コンセプト

「介護の王国」では、自立支援介護の基本となる4つのケアを徹底しています。基本の4つのケアを通してご利用者様の体調を整え、活動性を上げることで体力を回復し、意欲や活力を取り戻すことで、早期の在宅復帰を目指します。

1日に必要な水分摂取量

1日に必要な水分(1500ml以上)をしっかり摂って運動することで、覚醒水準(意識レベル)を高め、身体の不調の解消に努めます。水分による人体への生理的影響は非常に大きいため、水分管理は重要です。

1日に必要な食事・栄養量

すべてのご利用者様がミキサー食では無く、「噛む」「飲み込む」といった動作を必要とする普通の食事(常食)を摂ることを目指します。

1日1500kcal以上の栄養摂取を目標としています。食事は栄養源として、また、楽しみとして、非常に大きな影響を与えます。

必要な日中の運動量

要介護の高齢者にとって身体を動かす「活動量」を上げることは、非常に重要な自立へのケアとなります。

特に要介護高齢者に必要な運動は「歩行」です。住居内の移動や散歩など、十分な「歩行」による運動を行うことで、身体の機能改善を図るとともに、食事・入浴・排泄などの日常生活動作の自立へ近づけます。

生理的な自然排便

規則正しい自然な便通は、自立した生活への第一歩であるとともに、バロメーターでもあります。

適切な水分を摂取し、脱水状態を改善することで、多くは排便・排尿も自身でコントロールできるようになります。

便意・尿意を取り戻すことから始め、オムツの取れた自立した生活を目指します。

減薬への取り組み

高齢者の医療では、様々な医薬品や服薬の問題が発生しています。

多剤併用によって副作用が出るなどするポリファーマシーの問題。

それに関連して、実際には医薬品の副作用であるのに病状の悪化と診断してさらに薬を処方する処方カスケードの問題。

飲み忘れや大量の薬を保管してしまうことによる残薬の問題。

こうした医薬品や服薬の問題にアプローチするために欧米などで行われている医薬品の使用指針の策定「フォーミュラリー」が日本でもいよいよ注目され始めました。

「介護の王国」では、こうした使用指針を連携医療機関とともに策定・あるいは遵守し、多剤併用による副作用を積極的に報告するなどして、減薬など、医薬品や服薬の問題の解消に取り組みます。

自立支援介護

「介護の王国」では、特にその最前線となる住宅型有料老人ホームにおいて自立支援介護を提供し、在宅復帰の一翼を担うことを目指しています。

詳しくはこちら
竹内先生の理論を基にした「自立支援介護」

「介護の王国」の自立支援介護は、その第一人者である国際医療福祉大学大学院教授 竹内 孝仁先生の理論を基にしています。

詳しくはこちら
自立支援介護を導入するメリット

インキュベクスでは、国の指針に合わせ、訪問看護ステーションや老人ホームなどの介護事業において当初から「自立支援介護」を導入することを推進しています。

詳しくはこちら
自立を見守るIoT

「介護の王国」は、ご入居者様の自立を見守り、より効果的なケアを提供するために、最先端のITやIoTの技術を積極的に導入しております。

詳しくはこちら

.

お気軽にお問い合わせください TEL 045-474-5483 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
cares-center

facebook

PAGETOP