【加盟企業募集中!】~「まるごとケアの町」づくり~住宅型有料老人ホーム・“自立支援介護”「介護の王国」

MENU

自立支援介護

  • HOME »
  • 自立支援介護

「介護の王国」が提供する自立支援介護とは?

介護サービスに、自立支援の考え方が求められる時代となりました。

高齢者の方に自分らしい生活を取り戻してもらうことが、介護現場の使命

高齢化が進み、医療費が財政を圧迫するようになった現代、寝たきりのままできる限りの延命を目指すのではなく、生活機能回復の訓練、例えば歩行訓練や、オムツから自身で用を足すトレーニング、経管栄養(胃ろう)から常食への復帰などを実践することによって、高齢者の方に自分らしい生活を取り戻してもらうことが、介護現場の使命となっています。

「介護の王国」では、特にその最前線となる住宅型有料老人ホームにおいて自立支援介護を提供し、在宅復帰の一翼を担うことを目指しています。

生活リハビリを提供する介護サービスが強く求められています。

今やリハビリテーションにおいてすら、病院から在宅へ、医療から介護への流れが強まっています。そうした中で生活リハビリを提供する介護サービスが強く求められています。

「介護の王国」は、老人ホームでの生活の随所に生活リハビリを盛り込むことで、リハビリが自然に反復される適切な住環境を提供しています。そして、水分、食事、排便、運動の各方面から自立支援へのアプローチを実践していきます。

竹内先生の理論を基にした「自立支援介護」

「介護の王国」の自立支援介護は、その第一人者である国際医療福祉大学大学院教授 竹内 孝仁先生の理論を基にしています。

詳しくはこちら
自立支援介護を導入するメリット

インキュベクスでは、国の指針に合わせ、訪問看護ステーションや老人ホームなどの介護事業において当初から「自立支援介護」を導入することを推進しています。

詳しくはこちら
自立支援の基本コンセプト

基本の4つのケアを通してご利用者様の体調を整え、活動性を上げることで体力を回復し、意欲や活力を取り戻すことで、早期の在宅復帰を目指します。

詳しくはこちら
自立を見守るIoT

「介護の王国」は、ご入居者様の自立を見守り、より効果的なケアを提供するために、最先端のITやIoTの技術を積極的に導入しております。

詳しくはこちら

生活機能回復センターとしての役割を重視

通常、老人ホームは「終の棲家(ついのすみか)」として、入居から看取りまで住み続けられることを旨としますが、「介護の王国」では、自立に成功し元気になった高齢者の方には、在宅復帰を奨励

し、終生住み続ける場所ではなく、生活機能回復センターとしての役割を重視したものとしています。

自立後も安心!全体を通して、自立支援介護の体制が構築されています。

もちろん、自立後も住まいを求める方のために、見守り機能を充実させた低価格の賃貸住宅を用意する他、住宅型有料老人ホームに入居する前段階、つまり退院直後の在宅復帰を目指す預かり機能とし

て、療養通所介護も用意されています。これら全体を通して、自立支援介護の体制が構築されています。


.

お気軽にお問い合わせください TEL 045-474-5483 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
cares-center

facebook

PAGETOP