ごきげんいかがですか。営業部の斎田です。

昨日、1月16日(火)19時~20時30分までインキュベクス新横浜本社で「空き家」と「高齢者の住まい」を考える勉強会を開催しました。

今回は不動産業者様向けに行った勉強会でしたが、不動産会社以外にも旅館業、エネルギー関連事業、建築業、介護事業など他業者の方もご参加されました。

19時スタートという遅い時間にも拘らず8社12名様のお客様がお集まりになりました。

ご参加いただき誠にありがとうございました。

多くの方にご興味を持っていただきました!

「介護の王国」が、ご提案する空き家・戸建ての中古物件を高齢者シェアハウスや有料老人ホームに活用するビジネスモデル・仕組みについて多くの方がご興味を持たれたようで、「勉強になりました。」「参考になりました。」というありがたい声を多数頂きました。

勉強会終了後、私も様々な方と意見交換をさせていただいたのですが、その中でも気になったのが、「欧米で行っているBIDの取組はしていないのか」というご意見でした。

BIDとは、欧米で広がりをみせている民間が行うエリアマネジメント活動の資金を自治体が再配分し、公共空間の管理も一体的に任せて街づくりを推進する制度ですが、

横浜鶴見から始める「丸ごとケアの町づくり計画」を推進している私達にとってもとても参考にさせていただいている制度であります。

今後も色々な業種の方にご参加いただきながらBID的な要素も実現させていきたいと思います。

今後も定期的に勉強会を行っていきます。

是非ご参加ください。