こんにちは。

「介護の王国」プロジェクトメンバーの皆川です。

昨日、デイサービス、訪問看護を運営している経営者の方と、自立支援介護についてお話をする機会がありました。

経営者目線としては、必要なサービス理論であることはすんなりと理解できるとのことでした。でも…。

やはり、気にされていたのは、現場の意識感覚です。

もともと自立支援に理解をお持ちの職員さんなら問題無いのですが…。

介護職の方も、看護職も皆さんプロフェッショナルですから・・・

介護職の方も、看護職も皆さんプロフェッショナルですからご自身の考えに基づいてお仕事をされています。

現場の方々に自立支援の考えを浸透させるには、何が必要か。

それはやはり成功体験しかないと思います。

現場としては、ご利用者のメリットになるケアを提供することが全てですから。

だから、自立支援の効果を現場に認識していただくことは絶対なのでしょう。

ただ、介護の仕組み上、ケアマネージャーさんの協力も絶対ですよね。

スタッフがいくらこうしたいと言っても、プランを立てるのはケアマネさんですから。

ケアマネさん、介護、看護等々が連携しないと自立支援は成立しません。ここにも地域包括ケアの必要性があります。