こんにちは。「介護の王国」プロジェクトメンバーの久保です。

本日は、弊社がサポートしている「自立支援介護」の普及活動について簡単にですがご報告したいと思います。

先日「自立支援介護」に関する勉強会にお伺いさせていただきました

 先日、12月12日(火)に横浜市都筑区の「デイサービスひまわり仲町台」様にお伺いし「自立支援介護」に関する勉強会にお伺いさせていただきました。

研修会の内容ですが、「自立支援介護」の基本である「水分、食事(栄養)、排泄、運動」の4つのケア内容を中心にご説明させていただきました。

また、施設サービス、在宅サービスでの自立支援介護の実践例や、要介護高齢者の心身の改善事例などをご覧いただきました。

「デイサービスひまわり仲町台」の皆様、熱心に聴講していただきありがとうございました。

私が介護に対して真摯に取り込もうとなったきっかけが「自立支援介護」でした

私自身、介護の世界に飛び込み約11年になります。

介護現場で働きで様々なことを学ばせていただきました。

その中でも、自分自身が介護に対して真摯に取り込もうとなったきっかけが「自立支援介護」でした。

そのためには、幅広い知識や理論を学ばなければなりません。

しかし、得た知識や技術を用いて介護サービスを実施し、要介護高齢者の方が元気になっていくことに携わられること、自信をもってケアを提供できるきっかけを与えてもらえたと考えています。

「自立支援介護」を実践することで、日々、新しい発見や介護職員の方のやりがいにつながると思います。

「自立支援介護」は、知名度がまだまだ低い現状です

「自立支援介護」については、知名度がまだ低い現状です。

自立支援介護を、今後どのように各介護事業所が取り入れていくのかなどの課題は山積していますが、「自立支援介護」の普及のための取り組みを継続的に続けていきたいと考えています。