いつもお世話様でございます。
「介護の王国」開発チームのリーダーの滝です。

本日は、10月20日(金)に弊社セミナールームで開催する「自立支援介護研修」のご案内です。

今回のテーマは前回に引き続き「認知症ケア」です。

今回の「自立支援介護研修」のテーマは前回に引き続き「認知症ケア」です。

講師も、お馴染みの 国際医療福祉大学大学院准教授の小平めぐみ先生です。

小平先生は「自立支援介護」の提唱者である竹内孝仁先生のお弟子さんに当たる方で、自らも「自立支援介護」の実践者でいらっしゃる本当にすごい先生なんです。

「認知症ケア」についても全国で支援の勉強会を開催されていらっしゃいます。

社内では、小平先生の一番弟子を自称しているのですが・・・

私も社内では、小平先生の一番弟子を自称しているのですが、小平先生から「自立支援介護」や「認知症ケア」を習っている弟子は、全国にたくさんいらっしゃるんです。

で、そんな本当にすごい小平先生から、「認知症」を改善する理論について、事例をほんとうにたくさん語っていただいて、詳しい解説をいただく会が今回なんです。

皆様は、「認知症ケア」興味ありますでしょうか?

訪問看護ステーションの取り組みなどされていらっしゃる社長様や看護師様は、絶対「認知症ケア」注目度高いですよね?

私なんかが「認知症が治る」といった言葉を声高にいってしまうというのはよろしくないのですが、実際に提唱者の竹内先生は「認知症は治せる!」と言っていて、その方法が知れるというのはすごくないでしょうか?

今回は、ご興味のある方々を対象とする特別見学会を設定しました

絶対その内容をお知りになりたいですよね?

そこで今回は「有料老人ホーム」や「訪問看護」にご興味のある方々を対象とする特別見学会を設定しました。

無料でお聞きいただけますので、ひとつ騙されたと思って、今後の介護ビジネスが気になる方などもご参加いただければ幸いです。

私も何度か小平先生のお話を聞いて、目から鱗と言いますか、すごく感銘を受けてしまったところなのですが、やはり私も素人ですので、どうしても認知症は「脳の病気」というか、脳の器質的・病理的な変化が重要なのかと先入観で見てしまっていました。皆様もそういう方多いと思います。

ですけれど、観察と分析に基づく理論的なケアを実践することで症状を軽減・消失できるのだそうです。

竹内先生は薬に頼らずとも「認知症は治せる!」と仰っています。

そんなわけない、とか、本当なの?とか、まだまだ注目され始めたばかりの内容なので、いろいろなご意見もおありかと思いますが、記憶から消してしまう前にぜひ一度、ご自身の目で見極めていただきたいです。

「自立支援介護研修」の特別見学会は、こちらから申込みいただけますので、今後の貴社の展開に役立つのか否かを確かめに、弊社までご足労いただけましたら幸いです。

「自立支援介護研修」の特別見学会のお申込みはこちら