利回り10%が20年間!空室リスク無しで維持できる小さな住宅型有料老人ホーム「介護の王国」

畑が老人ホームになる時代がやってきた! 生産緑地の新たな活用

目次

1. 畑が老人ホームになる時代がやってきた!生産緑地の新たな活用
2. 「生産緑地」の特典と制限
3. 「生産緑地」は何も建てられない?いいえ、特養などが建てられます
4. 「2022問題」で「生産緑地」が一気に消滅!?どうなる土地活用
5. 「生産緑地」の今後と「2022年問題」は、地域にとってチャンスにもなりうる?!

今まで少しだけ野菜が植えてあるような畑だった都会の空き地に、老人ホームが建つ。そんな時代が到来しています。

現行の生産緑地法が施行された1992年に「生産緑地」の指定を受けた土地が、30年経って期限を迎える2022年を目前に控え、この「生産緑地」の活用方法が大きな注目を集めています。

このe-bookでは、「生産緑地」を社会福祉目的に活用する動きについてレポートしています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP