利回り10%が20年間!空室リスク無しで維持できる小さな住宅型有料老人ホーム「介護の王国」

今年度から本格始動!「新たな住宅セーフティネット制度」 改修で1部屋最大200万円の補助

目次

1. 新たな住宅セーフティネット制度」とは?

2. 1部屋につき最大200万円の補助を受けられます。

3. 公的補助によって老人ホームを安価に低リスクに開始できるチャンスが到来

高齢者単身世帯において、自力で住宅を確保することが困難なケースは、2015年時点で601万世帯。それが2025年には701万世帯にまで増加すると言われています。

その他にも障害者90万世帯、外国人世帯37万世帯、生活保護者世帯75万世帯が住宅確保要配慮者とされています。

この喫緊の課題に対して国が打ち出したのが、空き家を活用して住宅セーフティネットを強化する施策──「新たな住宅セーフティネット制度」です。

このe-bookでは、「新たな住宅セーフティネット制度」の内容や受けることの出来る補助金の具体例などをご案内しています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP