利回り10%が20年間!空室リスク無しで維持できる小さな住宅型有料老人ホーム「介護の王国」

介護の王国とは

  • HOME »
  • 介護の王国とは

住宅型有料老人ホーム「介護の王国」とは?

住宅型有料老人ホームとは、要介護者や自立(介護認定なし)・要支援状態の高齢者を受け入れる施設です。

介護サービスは通常は、外部の利用者を利用します。そのため家賃はサ高住などと比較して安価で、必要なサービスを昼用なだけりようできるのは大きな利点です。

「介護の王国」は95,000円/月(家賃・食費・共益費込)という「年金の範囲で暮らせる住まい」を、訪問看護・介護サービスの「医療ケア」とセットにしたブランド展開です。

医療サービスは併設されているグループ会社の訪問看護ステーション(24時間対応可)を利用するため、緊急の場合も万全です。

「「介護の王国」のコンパクトな老人ホームの特徴

「介護の王国」がご提案する老人ホームは、100坪から建設可能なコンパクトな老人ホームです。

従来の「高齢者施設」と比べ、少ない投資規模でスタートすることが出来ます。

「介護の王国」のメリット

「介護の王国」は建て貸しでの運営をお勧めしており、弊社でご紹介とマッチングを行います。またLIXILグループとの提携により有利な条件で建築が可能。

そのため土地所有者・介護事業運営者にとってもメリットの大きい商材となっております。

★土地所有者のメリット

・少ない投資規模で建築することが可能

・20年間の安定した家賃収入が見込める

土地オーナー様のメリットは、こちらをご覧ください。

★介護事業者様へのメリット(一部)

・低価格設定のため満床率に期待できる

・医療・介護保険利用による看護・介護サービスを自社で行うことでストックビジネスとして運営できる

・事業売却が望める

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP