今春オープン! 横浜市港北区新吉田の施設をご紹介します

はじめまして。インキュベクス新入社員(現在研修期間中)の小林です。

これから「介護の王国」を担当させていただきます。皆様よろしくお願いいたします!

今回は、今春オープン予定の横浜市港北区新吉田の住宅型有料老人ホームの施設見学に同行させていただきました。

株式会社ドルフィン・エイドの福嶋様のこだわりがつまった素敵な施設でした!

1階は中に入るとパッと目に入る、明るく華やかな壁紙!

入居者様も介護される方も、面会にいらっしゃるご家族の方にも喜んでいただけると思います!

そして、ご入居される各部屋の広さはとてもコンパクトに作られています。

どれぐらいなのか実際に見てみると、「思ったより狭くない」という印象でした。学生さんの一人暮らしのワンルームくらいですかね。

居室にはトイレがなくシンプルな造りなので、利用者様の体の状態に合わせてベッドの位置を変更したり、フレキシブルな対応ができ便利だと思います。

居室には水回り等はありませんが、入居者様は要介護3~5の方が中心でトイレ介助が必要な方がほとんどです。

フロアに設置された広く安全で設備の整ったトイレを使うことで、利用者様も介助する方も安心だと思います。

建設費、入居費用は抑えても、安心安全な介護を実現します!

そして、この施設の大きなメリットとして、シンプルな造りをしているので、建設コストが抑えられます!

「介護の王国」は、120坪から建設可能なコンパクトな住宅型有料老人ホームです。

建設コストを抑えることは、土地オーナー様や事業者様の負担を減らすことだけではなく、入居者様の入居費用を抑えることにつながります。

入居者様は年金の範囲、月10万円以下の費用で入居でき、食事ができ、安心安全にケアを受けることができます。これまで経済的に施設に入るのは難しいと思っていた方、生活保護を受けている方も入ることができます。

もちろん、入居費用を抑えるためにケアに支障があってはいけないので、標準化された設備がセットされております。
現場の業務効率化、入居者様の満足度に配慮しております!

入居者様にも、介護職の方にも(もちろんオーナー様にも!)、それぞれの方にとって満足度が高く、いい環境で素晴らしい!と思いました。

トイレも各フロア2つずつあり、それぞれ入居者の方を介助しやすい大きさになっていました。
1階はピンク系、2階はブルー系の壁紙で、印象が違いました。

浴室は、介助に必要なスペースもきちんと確保されており、設備もしっかりした安全な造りです(1階・2階でクロスの色が違います)。

※大きすぎる浴室は、居室の数が減ってしまうので、あえてこちらの大きさにこだわっております。

クリーンルームは汚物も移動させず、そこで洗える造りでした。

最近はコロナ対策として、手洗い場(介護者用)の設置が以前より求められているそうです。

食堂の雰囲気が華やかで、利用者の方も介護される方も明るい気持ちになりますね!

施設の様子は、今後もブログでご紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です