地主様、住宅メーカー様、関わる方たちすべてが潤い、社会貢献できる喜びを分かち合いたい

こんにちは、インキュベクスの大坪です。

本日は、「建て貸し」についてお話させていただきます。

土地活用・資産運用をお考えで、“建て貸し”をご了承くださる地主様との交流を持つため、毎日数十社の住宅メーカーの会社役員、経営者、地主様と直接コンタクトを取る担当者と話している中、感じたことがあります。

時代に即した事業で、社会を盛り立てていく

そもそも「なぜ建て貸しなの?」

それは、弊社がやりたかったことを実現するためです。

では、やりたかったこととは・・・。

一つの事業が生まれる過程から、事業者だけでなく、関わる全ての方が“潤う”ということ。

その実現により、わが社の存在価値が明らかになるのです。

以下はほんの触りですが・・・。

わが社が進めている『介護の王国(住宅型有料老人ホーム)』は、地域社会貢献性も高く、「受け入れ先がなく困っている高齢者の受け入れ先」として、「介護技術を活かしたい・向上したいという介護職の労働の場」となり、また「重度の高齢者を受け入れることから、往診医の活躍の場」にもなるなど、今後の時代にも即していくビジネスモデルとして自負を持っています。

この将来性のある施設事業に“建て貸し”という形で参加でき、土地活用の有効策にもなっているのです。

そして、地場に根付く住宅メーカーにもそのような地主様をお取次ぎいただくことで、新築工事による新たな収益機会となっています。

地主様にも安定した利益をもたらす

地主様にとって、これまで投資案件としては、「アパート」や「マンション」「駐車場」経営、さらには建て貸しで「飲食店」「コンビニ」「その他商業施設」といった店舗などでした。

しかし、これでは現在の社会情勢に沿わない事態がすでに起こっています。

アパートやマンションでは空室リスクが大きく、安定的に家賃収入を得ることが困難になり、店舗については事業者の撤退・倒産リスクが現実となってきています。

そのことからも「介護」への投資に目を向けられる地主様が増えているのです。

その中でもわが社の『介護の王国(住宅型有料老人ホーム)』は、“建て貸し”により「賃貸借契約」を20~30年という期間で締結します。

そのため、「長期の土地活用になる!」そして、「少額の投資」で「入居者の空室リスクがない!」という点からも、興味を持っていただいているようです。

住宅メーカー(建設業・工務店)にもメリットが

ただ建てるのではなく、「意義のある建物を担っていきたい」「建設会社という立場で社会への貢献性を高めていきたい」と考える住宅メーカー、工務店の経営者も増えています。

「介護の王国」はそれを可能にする企画であり、さらには「会社そのものの価値向上にもなる」と、評価をいただいています。

そして私は、「介護の王国」へご賛同いただき、お手を挙げてくださる住宅メーカー様や、「先の見通しが明るくなった」と喜んでくださる地主様と毎日出会うことができ、楽しく仕事をしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です