長期間患者と向き合える環境を自ら作り上げませんか?医師向けセミナーを開催します。


インキュベクス青井でございます。

本日は、病院・クリニック経営者、医師の方を対象にしたセミナーをご案内させていただきます。

長期間患者と向き合える環境を医師自ら作り上げませんか?

人口減少や医院・クリニックの飽和状態により患者獲得競争が激化しています。

医療業界に限らず、市場が成熟化している状況下においては、新規顧客よりも既存顧客との継続取引の拡大に力を入れていうことが大切になってきます。

特にこれからは、在宅における医療・介護ニーズが急増するため、「医療」だけでなく「介護」そして高齢退院患者の「住まい」までをも途切れなく提供できる「仕組み」が強く求められる時代になります。

医療機関が後ろ盾になり、医療依存度度が高い方をお預かりできる「高齢者住宅」を提供することは、民間施設との差別化にもつながり、医療機関側にとっても常に目の届く範囲で継続的に患者と向き合える環境を得られることになります。

また医療施設から退院・退所する方の在宅復帰の住まいや在宅において状態が急変した際の受け口ともなり得るのです。

当セミナーでは、病院・クリニックが自身の強みを活かしながら途切れることなく医療・介護ニーズがある高齢者を支えられる「仕組み」を手間なく低コストで実現できる方法をお伝えいたします。

こんな方におすすめです。

・今後の病院経営に不安を感じている
・外来・在宅患者の増患増収対策を行いたい
・病院・診療所の外来患者の減少している
・在宅患者さんの数をもっと増やしたい
・今後在宅医療・高齢者住宅事業に参入したい
・医業と連携した新たな事業展開を検討している
・2025年問題の対応に不安を抱えている
・地域における持続可能な医療・介護体制を自院で確立したい

▼▼▼▼▼セミナーの詳細はこちらからご覧ください。▼▼▼▼▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です