東京都内にも9万円台で住める介護施設を!

こんにちは。「介護の王国」プロジェクトメンバーの舩見です。

いよいよ都内も9万円台で住める介護施設づくりに着手をいたします。

以前、世田谷区で9万円台で住める介護施設づくりを目指して、土地の購入契約を締結しましたが、敷地と前面道路幅がわずかに足りずに介護施設づくりを断念しましたことがありました。

今回、介護施設を運営いただくことになったのは、弊社の支援で、訪問看護ステーションを開業したお客様の次のSTEPづくりとしてなんです。

・・・今回、介護施設経営を決定するまでにはさまざまなステップをふみましたが、具体的にはこのようなものです。

介護施設の開業エリアを決定する

まずは・・どこで開業するかをきめました
今回はなんといっても自社の訪問看護ステーションが行き来をできる場所を選びました。

介護施設用地をさがす!

開業エリア内で大家さんを探すプロセスです。・・・今回は介護施設運営を手がける運営者様自らが、大家さんを見つけ出してくださいました。

(大家さんに)建物の仕様決定・概算見積もりを提出する!

敷地に見合った部屋数、間取り、採光、その他を建築士と綿密に打ち合わせの上、決定するわけです。

原則は19床の建築にかかる経費は8500万円(税込)です。

大家さんへ支払う家賃交渉をする

介護施設づくりは一般的に大家さんが銀行融資を受けてすすめるものです。
金融機関からの融資額や、返済期間にみあった利回りを定額家賃としてお支払いをすることとなります。

※一般的には介護施設経営の賃貸借契約はおおよそ20年間となります。
この20年間の支払いを約束をすることで、大家さんが安心して銀行融資の申し込みをしてくださるわけです。

アパート経営に変えて、介護施設経営

介護サービスの運営会社の最初のハードルは場所の確保そして、建物を建てることが必要になりますが、大家さんサイドではいままで通りに、アパート経営で資産形成や税金対策をすすめる大家さんの数は少なくなっているようにおもいます。どうやら、粘り強く大家さんと交渉し、信頼をもらうことでしか物事はすすみません。

このように自社単独ではなかなか時間ばかりのかかる、用地確保や大家さんとの交渉は弊社でもお引き受けしています。

まずは、一度、見学に起こしになりませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です