介護施設経営はここが難しい (介護施設独特の匂いはどうにかなりませんか?)

こんにちは。インキュベクスの舩見です。

介護施設の雰囲気は嫌いじゃない・・・でも、「介護施設特有のあの匂いがどうにかなりませんか?」そんなお話を聞くことがあります。

今回は、介護施設特有の匂いと対策についてお話したいと思います。

私達の直営施設には、介護施設特有の匂いはありません

ちなみに、私達の直営施設について言えば、介護施設特有の匂いはありません。

建設当初から、匂い排除を前提にさまざまを設計してきた結果が功を奏したといえます。

そもそも、あの独特の匂いの元はオムツや、汚物、その処理、そしてその廃棄までの保管に伴って発生するものです。

汚物処理室に換気機能がなかったり、汚物のついた洗濯物を置いておくお部屋の状態、汚物の処理方法やその頻度など、誰が担当するのか?その他さまざまな課題があるようです。

対策の1つは、施設内の換気をルール化するといった方法もありますが、忙しい介護職員にとっては非常に手間のかかる業務といえます。

わざわざ外注を採用して、換気するという方法はおすすめできませんが、非常に簡単な方法があります。

介護施設で医療機関などでも採用している一般的な方法ですが・・・その方法は、時間を設定した上で、匂い除去装置を稼動させるという方法です。

要介護者の家族にも、ご本人にも、施設で働くスタッフも快適な空間のほうがいいのは間違いがありません。

このような機器を設置している介護施設は何年たっても、あの匂いは介護施設の中には充満することはありません。

逆に、どんなに清潔を心がけていても、匂いがきつい介護施設はあるものです。

介護施設は生活の場です。食事もするし、風呂にも入る。おやつも食べるし、お茶ものみます。

できる限りの環境整備に心がけたいいものです。

・・・機材導入費用は、さほどでもありませんので、是非私達の施設に一度見学にお出かけになり、実際に介護施設の匂いをかいでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です