「介護の王国」の「まるごとケアのまちづくり」構想は、地域の方々にどのように受けとめられたのか?

皆様こんにちは!インキュベクス営業部の青井でございます。

「介護の王国」では、神奈川県鶴見区において「療養通所」を4月、19床の「住宅型有料老人ホーム」を7月~8月には開業する予定です。

それに合わせ、現在、神奈川県鶴見区において将来的に連携先となる医療関係者やケアマネージャー様へ訪問を行っております。

「介護の王国」の「まるごとケアのまちづくり」構想は、地域の方々にどのように受けとめられたのか?

先日入社した貴志がケアマネ訪問時に感じたことを5分ほどのビデオに収めました。

是非ご覧ください。

※ちなみに今回のインタビューアは、Youtubeなどで活躍されている井上祐宏さんです。

貴志、ケアマネージャーさんたちに囲まれる!?

今日聞いたのですが、ケアマネージャーさんたちに囲まれたそうですね。


貴志さん:
この、「丸ごとケアの町づくり計画」のチラシを持って、横浜市鶴見中央の居宅介護事業所に伺いました。


アポイントを取ってですか?


いえ、飛び込みです。ケアマネージャーさんは忙しいので、かえって飛び込みの方がいいのではないかという考えからです。

ちょうどお昼の休憩時間でした。ケアマネージャーさんは10人以上いる大きな事業所でしたが、鶴見区で初めての療養通所と介護の王国が二つの施設ができる、というチラシをお渡しして帰ろうかと思っていたところ、その場で態々ケアマネージャーさんを集めて頂き、説明させていただきました。


一番関心を惹いたものは?


介護の王国の、住宅型有料老人ホームです。

特に、[95,000円で入れること][生活保護を受けていても入れるか][後見人がいない人は]などの質問を多く受けました。

お昼御飯中にも関わらず、7~8人のケアマネージャーさんが集まってくださり、15分ほどの滞在となりました。

名刺交換もさせて頂き、今後もよろしくお願いいたします、という形で挨拶をして下さいました。


大変興味を持って下さっていることを肌で感じられたわけですね。これを機会に、これからもご活躍を期待しています。


ありがとうございます。


このように地域の医療関係者様には、かなりご期待いただいているようです。

ちなみに、「住宅型有料」や「療養通所・開業」の効果なのでしょうか?

現在開業に合わせて募集している看護師・リハ職の応募が今年に入り、目に見えて増えてきています。

昨年9月開業時:4名        

3月現在:10名(2拠点目開業準備中)

4月:1名入社予定

5月:2名入社予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です